不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

老後の資金

ここではマンション投資のメリットのうち、安定した収入を得られることについてまとめています。

マンション投資のメリット:収益が安定している

一般的な金融商品の場合、短期的な収益は見込めても半年後、1年後ですら収益が見込めるかどうか判断するのは非常に難しいと思います。

マンション投資なら、入居者さえ確保できれば少なくとも2~3年先までは、ある程度の安定した収益が見込めます

実質利回りも5%、物件によっては10%以上を期待できますし、何より景気に大きく左右されにくい商品であることが、マンション投資の最大のメリットといえるでしょう。

また、将来インフレになり現金・預金などの金融資産は目減りする可能性がありますが、投資用マンションの場合、その時代の価値に合わせた家賃に設定することで安定した収入を確保できます。

景気変動に大きく左右されず、インフレ経済に強い資産であること。これも、マンション投資のメリットのひとつですね。

私設年金としても有効な手段

少子高齢化が進み、さらに人口減少時代を迎えた日本。年金の支給開始年齢も年々上がり続けています。

定年退職後に訪れる長いセカンドライフに対し、公的年金と貯蓄だけで果たして生活していけるのかなど、若いときと違って健康面でも不安要素が増え、思わぬ出費が増えるなか、不安を抱く方も多いでしょう。

こうした不安から、定年退職の前に安定収益が見込める投資を始める、すなわちマンション投資を始める方が増えているのです。

比較的リスクが低いうえ、長期的に安定した収入(家賃収入)が得られるマンション投資は、安定した計画性のある私設年金として老後の生活を守ってくれることでしょう。

 
ページの先頭へ