不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

保険の見直し

ここではマンション投資のメリットのうち、保険の見直しや家計の節約が出来ることについてまとめています。

団信加入によるマンション投資のメリット

投資用に限らず、マンションなど不動産の購入にローンを利用する際、基本的には団体信用生命保険(通称:団信)への加入が必要になります。

この保険は、ローン返済中に万が一、契約者、つまりマンションオーナーが死亡したり高度障害などの影響が身体に残った際に、ローンの残債を保険会社が肩代わりして一括返済してくれるというもの。

オーナーの家族には、借入金ゼロの収益物件が手元に残るだけでなく、毎月安定した家賃が入ってくるという仕組みです。もちろん物件を売却することも可能。資産運用のなかでこのような保険があるのは不動産投資くらいでしょう。

いま加入している保険を見直すことで家計の節約に

団信に加入することで、現在加入している生命保険を見直すことができ、家計の節約にもつながります。

ここで一例を挙げてみましょう。例えば、月々2万円の生命保険料を定年まで30年間、毎月払うとしたら……

月々2万円×12カ月×30年=720万円

実にこれだけの額を保険会社に支払うことになります。残された家族のためのものなので、自分に戻ってくることはほとんどありません。

しかし、団信に加入すればローンの返済は家賃と相殺されるため、家計に大きな負担をかけることなく、生命保険に加入できます。何もなければ将来、オーナーには家賃が入ってくるので、一般的な生命保険とは違って「掛け捨て」にはなりません。

このような見直しも、ファイナンシャルプランナーやマンション投資コンサルティング会社と一緒に考えてみることで家計の節約につなげることができる、これもマンション投資の大きなメリットでしょう。

 
ページの先頭へ