不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

インフレ対策

現金や他の資産と比較して不動産投資がより強いインフレ対策になる理由を説明します。

通貨下落のリスクを回避する「インフレヘッジ」

インフレ(インフレーション)とは通貨の価値が下がり、相対的に物価が上がることを意味します。そして、インフレ時の物価上昇リスクを回避するため、手持ちの現金や預金を不動産などに置き換えることを「インフレヘッジ」と呼びます。

では、なぜインフレヘッジが必要なのでしょうか。

例えば、これまでは120円だった缶コーヒーが130円出さないと買えなくなるのは、インフレで通貨の価値が下降したか、もしくは缶コーヒーの物価が上昇するから。つまり、インフレは消費者の生活費負担増に直結する問題なのです。

ただし、緩やかなインフレが続く場合は、物価高に続く形で給与水準が引き上げられることが予想されます。問題なのは急激なインフレ、ハイパーインフレが引き起こされた時です。

この場合も投資用の不動産を持っていれば、ハイパーインフレが起こっても資産の目減りを防げるのです。

インフレが起こると通貨の価値は下がりますが、土地そのものの価値は変わらない、もしくは相対的に上がるからです。また、所有している不動産で得られる賃料も、好景気が続けば十分に値上げ材料に出来ます。

多くの経済コラムニストが勧めるインフレ対策は現金+不動産という形。資産の目減りを極力防ぎつつ、柔軟に資産運用ができる方法だとしています。

銀行の金利は低いままで、たとえ10年間預けっぱなしだったとしても、現金を銀行に預金し10年後に利子がついたとしても、その間にインフレが進み通貨の価値が下がり続ければ実質的な貯蓄額は増えていない……なんてことにもなりかねません。

逆にこのインフレが進んでいるとき価値の下がった状態の通貨でローンを組み、マンションなどの不動産を購入して家賃収入を得れば、インフレの悪影響を最小限に抑えて財産を増加させることができるのです。

 
ページの先頭へ