不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

他の投資との違い

不動産投資の特徴を株式投資やFX、先物取引などと比較しました。

さまざまな投資のメリットを比較

一時期に比べれば景気が上向きつつある、とはいえ先行きの不安は消えない物。そんな中、自分の生活を守るために投資を始める人が増えています。投資の方法はさまざまあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分にはどれが合っているのか、目的にあったメリットがあるかなどを確かめて、よりリスクの少ない方法で投資し、資産を増やしましょう。

不動産投資

マンションやアパート、駐車場など不動産のオーナーとなり、個人や企業に貸して賃料を得る方法。株や債券とは異なり、資産が無くなるリスクが少ないので、長期的に安定した収益が望めます。

土地・物件の購入や管理などに費用はかかりますが、低金利のローンを利用すれば、自分の資金を減らすことなく安定収入を得られます。

賃料をローン返済にあてることができ、生命保険としても利用できるなど、メリットの多さでは他の投資方法と比較すると群を抜いています。

株式投資

企業が資金を集めるために発行する株式を購入し、売買益や配当金で利益を得る方法。

優良企業の株式を集中して購入したり、長期的な視点で投資を行うことで大きなリスクを避けられます。最近では、少額で購入できる株式も増えており、個人投資家の増加に一役買っています。

FX(外国為替証拠金取引)

為替の値動きを用いて外国為替の取引を行う方法。取引会社に証拠金を預け入れることで、より少ない投資額で多額の利益が得られる可能性もあります。

ただし、その分のリスクが大きく、資産を減らすどころか-になる覚悟が必要です。

商品先物取引

価格が変動する商品を今後の値段を予測して売買し、利益を得る方法。

株式投資と同様に少額からの取引ができるほか、証拠金を入れることでハイリスクな多額の取引を行える場合もあります。

国債

国から発行されている債券を保有し、利益を得る方法。銀行の預貯金と比較してやや利率が高く、運営元が国であるため、ほぼ間違いなく破綻しないことがメリットです。

一方、資産流動性が低いので、満期になるまでは持ち続ける必要があります。

社債

株式同様、企業が資金を集めるために発行する債権。国債と同様に保有することで利益を得られます。

株式と違う点は、企業が倒産した場合、社債はその出資金が保証されます。また、経営陣への指示はできません。

投資信託

投資家が資産を投資機関(ファンド)に預け、専門家の運用によって利益が生じた場合にその分配金を受け取れる方法。

投資のプロが運営するので安心感がありますが、運用次第では損失が生じる可能性もあります。

現物投資

金やプラチナなどの貴金属を購入し、価格の変動によって生まれる差額を得る投資法です。不動産投資同様、資金が現物に替わるので、資産がゼロになるリスクがないことがメリット。

ただし、配当や利息が付かない、現物保管の手間がかかるなどのデメリットもあります。

このようにリスクやメリットを比較すると、不動産投資が一番安定した収益を上げられる可能性が高いことがわかりました。株式やFXと違って資産がゼロになるリスクが少なく、しかも金やプラチナにはない、毎月定額の家賃収入があるのがポイントです。

投資を始める前に優良コンサルタントに相談すれば、安定収入が見込める不動産投資で、より高い収益を望めますよ。

あなたのセカンドライフを万全なものにしてくれる
不動産投資コンサルはこちら

 
ページの先頭へ