不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

長谷川不動産経済社

おすすめの不動産投資コンサル会社・長谷川不動産経済社について紹介します。

長谷川不動産経済社の不動産投資コンサルは?

会社経営者や資産家など、富裕層向けに不動産投資を中心とした資産運用コンサルティングを行う長谷川不動産経済社。その中で不動産投資コンサルタントとして活躍する、代表・長谷川高氏を紹介します。

現場での実践にこだわる、不動産のプロフェッショナル・長谷川高氏

現場での実践にこだわる不動産のプロフェッショナル・長谷川高氏立教大学(経済学部経済学科)を卒業後、大手ディベロッパーに就職。ビルやマンションなど中~大規模物件の企画開発や都市開発事業を経験した後、1996年に独立して不動産コンサルティング会社を立ち上げた長谷川氏。

一貫して投資家の立場にたったコンサルティングを行っており、取引企業と連携した大型の共同プロジェクトを数多く手掛けている実績もあります。

また、自身も不動産経営を行う投資家であるため、評論家としてではなく、一プレイヤーとして活躍しています。

メディアへの露出や執筆した書籍が多数あり、講演などを通じて不動産投資術をわかりやすく世に広めています。

長谷川氏のメディアでの知名度、また、豊富な実績ゆえに、「長谷川さんに担当してほしいのですが」という指名も入るとのこと。

これに対して長谷川氏は、「指名のあるなしに関わらず、すべての案件を自分が管理・監督する」というスタンス。

高いレベルのサービスを提供し続けたいという理念があるからこそ、いかに多忙でも、自身が責任を持ってすべての案件に関わるようにしている、とのことです。

長谷川不動産経済社の特徴

個人だけでなく金融機関や不動産ファンドからの調査依頼や不動産関連業務も請け負っており、最新の不動産情報に詳しいことが特徴です。個人投資家にも依頼しやすい価格で同質のサービスが提供されています。

コンサルティングは第三者的な立場を貫き、事例の1つ1つを丁寧に、そして冷静沈着に積み重ねてきた実績があります。

一辺倒のマニュアル的な業務で数を稼ぐような仕事は見られず、ケースごとに的確な対応をしているところが好印象です。

投資家からの評判

長年お付き合いさせてもらってます

こちらとはもう10年以上のお付き合いをさせてもらっています。賃貸業に転業したばかりで何もわからず、電話や面談で何かと相談に乗ってもらっています。

その中で投資だけでなくマンションの建て替えや、遊休地の活用法なども提案していただいています。

不動産投資のリスクをしっかり教えてくれました

不動産投資の現実を包み隠さず教えていただきました。資産価値と将来の賃料の変遷、高利回り物件のリスク、過度なローンを組むことの危険性などなど、さすがプロの意見といった感じでした。

いくら自分で調べても限界があります。高額な買い物だけに、プロの意見を聞くことが大事だと痛感しました。

プロならではの意見をもらえました

3年前に祖母が亡くなり、その時は相続で少々大変でした。なんとか問題はクリアしたものの、来たるべき祖父の相続も心配となり、長谷川不動産経済社に相談しました。

専門的な意見をいただき、いつか訪れる相続への準備も整いました。ありがとうございました。

長谷川不動産経済社の概要

  • 社名:株式会社長谷川不動産経済社
  • 設立:1996年6月
  • 所在地:東京都港区赤坂4-1-1 SHIMA赤坂ビル
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日
  • 最寄駅:赤坂見附駅・永田町駅など
  • 支社・支店:西東京事務所
 
ページの先頭へ