不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

考えられるリスク

不動産投資はリスクも併せ持っているもの。考えられるリスクと対処法とを説明します。

覚えておいて損しない不動産リスク回避法

株式投資やFXと比べて安全性が高いと言っても、投資である以上、リスクは付き物。重要なのはリスクをしっかりと想定し、抑える手立てを考えることです。

不動産投資の実績が豊富にある投資コンサルタントであれば、ここで挙げているようなリスクの回避策事例も知っているでしょうから、さまざまな意見を取り入れてみましょう。

借り入れのリスク

気に入った物件を現金で購入できればそれがベストですが、中々そうはいかないもの。多くの人が銀行などの金融機関から融資を受けることでしょう。

その際、家賃収入だけでローンの返済計画を立ててしまうと、長期間の空室や家賃滞納といったトラブルが起きた際に、ローンが返済できなくなることが考えられます。

借り入れのリスクを回避する方法自己資本比率を上げることです。ローンの借入が少なければ少ないほど、金利の影響も少なくなるため、可能であれば頭金を増やして借入額を減らすことが重要です。

また、繰り上げ返済をすることで、結果的に支払い総額を減らせるので、物件購入後から10年を目途に資産に占めるローンの割合を40%程度に減らしておきましょう。

資産に対してローンが40%という割合であれば、たとえ金利が倍になったとしても家賃収入があれば返済していくことが可能になります。

空室リスク

高利回りの物件を手に入れたとしても、空き室があっては家賃収入は多くは見込めません。

空き室のリスクを抑えるためにもアクセスに優れた立地の物件や、管理の行き届いた人気のを得やすい内装の物件に投資するのようしましょう。

家賃滞納のリスク

家賃の滞納は空き室よりも大きなリスクをはらんでいます。催促するほうにもパワーがいるため、下手をすると何年も滞納金がたまってしまうケースも。

そんな時は回収が困難な場合には専門家に一任するのも1つの手段。信頼できる管理会社を選んでおけば安心できます。

価格の下落リスク

投資物件は築年数を重ねるごとに建物そのものの価値も家賃も下落していきます。そんな中でも価格の落ちにくい要素となるのが立地の良さ。

立地さえ良ければ建物の経年劣化は修繕やメンテナンスで補いながら価値を保てるのです。

災害リスク

地震対策としては1981年(昭和56年)以降に建てられた新耐震基準の物件を選ぶことでリスクを減らすことができます。

火災は鉄筋コンクリート造のマンションであれば例え火の手が上がっても1部屋だけで被害はとどまることを覚えておきましょう。


全体的な目で予測されるリスクを挙げてみましたが、不動産投資は物件ごとにまた状態も異なるもの。

物件のリスク回避を柔軟に、かつ安全に行いたいのであれば、まずはコンサルタントに相談して判断を仰ぎましょう。

豊富な経験から最も適切なリスク回避法を提示してくれるはずです。

セカンドライフを成功に導いてくれる不動産投資コンサルまとめ

 
ページの先頭へ