不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

融資を受ける心構え

不動産投資で融資を受ける際に必要な準備、そして投資家の心構えを説明します。

投資ローンの融資基準は物件の想定家賃がメイン

不動産、特に投資用に一棟マンションを購入する際、多くのケースで金融機関からの融資を受けると思います。借入できる額はその人の収入状況によって変わりますが、融資を受けられる基準そのものが違うことを理解しておく必要があります。

住宅ローンの場合、金融機関が返済能力の有無を判断するのは年収です。一方、不動産投資用に融資を受ける場合、家賃の想定収支をメインに見られます。場合によっては物件の条件だけでの融資が通らず、本人や家族の資産状況の報告、連帯保証人を求められることもあります。

マイホーム用の住宅ローンでも同じことですが、フルローンを組むのは至難の業。不動産投資をするのであれば、手元にある程度の自己資金を用意しておきましょう。

投資初心者なら頭金は1割は欲しい

では、用意しておきたい自己資金はいくらなのでしょうか。

住宅ローンの場合は購入価格の2割程度が妥当と言われますが、不動産投資の場合、融資を受ける人の属性も、想定できる家賃もバラバラなので、自己資金率のセオリーがありません。

サラリーマン投資家としてデビューするならば、最低でも物件価格の1割程度の自己資金があると、融資を受けやすくなります。

融資を受けやすい投資家とは

金融機関が融資審査をする際、ローンを組む物件と同じかそれ以上に、価値を見極めようとするのが、投資家である貴方です。

金銭感覚はもちろん、安定収入の有無や確立した返済計画、投資に関してしっかりしたビジョンがあるか、といった点を見られます。

逆に月々の収入が変動したり、転職を繰り返して勤続年数が短かったり、過去にクレジットカードなどの支払いに遅れ・滞納があると融資を受けられる可能性が低くなってしまいます。

本気で不動産投資を行いたいのであれば、金融機関との面談の際は身なりや言葉づかいにも気をつけましょう。

融資の相談は優良コンサルに任せよう

金融機関からより良い条件で融資を受けるためには、優良な不動産投資コンサルタントに相談するのが一番の近道です。

不動産物件の購入にはさまざまな手続きが必要で、そのすべてを自身で行うには手間がかかるため、負担を軽減するためにもなるべくプロの手を借りるのは、賢い投資家の基本。

実績豊富な不動産投資コンサルであれば、金融機関から融資を引き出すノウハウにも長けています。

注目の不動産投資コンサルをピックアップして紹介!

 
ページの先頭へ