不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

投資を成功に導く物件選びの条件とは

投資物件を選ぶ基準として、物件の築年数・立地・利回りを紹介。併せて物件購入までの流れを解説します。

投資物件選びの3つのカギ

不動産投資を選ぶ際に必ずチェックしたいのが物件の築年数・立地・利回りの3点。それぞれどの点を重視すればよいのでしょうか。

築年数

ある建物が建って入居者が現れた瞬間に、建物の価値は下がります。また、経年劣化も影響して中古マンションの価格は、新築に比べて安めに設定されています。そこで投資初心者でも収益を生みやすい中古物件の探し方を紹介しています。

詳しくはこちら→中古物件

立地

マンションの外壁や内装は後からいくらでも変更できますが、マンションの場所を動かすことは不可能です。そのため、優れたアクセスはそれだけでマンションの価値を高めてくれます。成功するために知っておきたい好立地の条件を説明します。

詳しくはこちら→好立地

利回り

広告で高い利回りが表記されている物件は、一見すると有益に思えます。しかし、入居者がいなければそれも意味のないこと。本当に高利回りで運営できる物件の探し方を紹介します。

詳しくはこちら→高利回り

把握しておきたい物件購入までの流れ

不動産を購入し、オーナーとなるまでの大まかな流れを説明します。

  • 1.物件情報の収集
    インターネットや専門情報誌などで物件情報をできるだけたくさん見ましょう。そうすることで投資用物件にはどのようなものがあるのか、だいたいのイメージを掴めます。
    自分で物件の良し悪しを見極める目を養うことにもなります。
  • 2.問い合わせ・詳細資料請求
    情報を集めるうちに気になる物件出てきたら、その物件を取り扱っている不動産会社に問い合わせましょう。
    物件の詳細情報を入手するだけでなく、条件が似ている物件の紹介があったり、投資のプランを相談できることがあります。
  • 3.内見・現地調査
    自分で住む物件ではないからといって、内見や現地調査をしないのでは、成功を逃してしまいます。
    写真によってはアングルの関係で建物が大きく見えたり、絶妙な光加減で綺麗に写っていたりすることも多いものです。
    物件の状態だけでなく、周辺の環境や駅までアクセスも同時にチェックしましょう。
  • 4.収支計画立案・融資審査
    購入する物件が決定したら収支計画を練って資金調達の方法を検討、多くの場合は融資を受けることになります。
    ローンの審査に必要な期間は早ければ半月程度。
    自営業者は審査が厳しくなり、サラリーマンなど収入が安定している職業の人ほど審査が通りやすくなります。
  • 5.買付証明書提出し購入
    最終的な契約を交わし、晴れてマンションのオーナーの誕生です。
 
ページの先頭へ