不動産投資を始めようと思っている人、失敗したくない人に向けて、
的確なアドバイスをくれる不動産投資コンサルタントを紹介します。

診断 相談すべきコンサルタント
【質問1】貴方の年収は?
  • 1,000万以上
  • 800万以上
  • 800万未満
【質問】持ちたい物件の種類は?
  • 区分
    マンション
  • 一棟
    マンション
  • 特に
    決まってない
【質問】投資の前にしておきたいことは?
  • 投資ハウツー
    本の熟読
  • 不動産オーナー
    との
    人脈づくり
  • セミナーへの
    参加
【質問】不動産投資への不安は?
  • 融資が通るか
    どうか
  • 良い物件が
    あるか
  • しっかり管理
    できるか
【診断結果】
成功のセオリーを知りたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
CFネッツにいます
【診断結果】
セミナーで知識を付けたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
シノケンハーモニーにいます
【診断結果】
一棟マンションで稼ぎたい貴方に
おすすめのコンサルタントは
Buddyにいます

不動産投資の種類

区分マンションや一棟マンション・アパート、戸建、駐車場、REITなど、不動産投資の種類を説明します。

自分に合った投資物件を見つけよう

不動産投資と一口に言っても収入を得る手段はさまざま。種類ごとのメリット・デメリットや、その投資方法に向いている人について解説します。

一棟マンション・アパート

投資経験が豊富な人を中心に非常に人気の高い投資方法です。多くの一棟マンションは鉄筋コンクリート造りであるため、資産価値が落ちにくく耐久性も高いので、長期的な投資に向いています。一方、一棟アパートは柔軟なリフォームが可能なため、築年数が古い物件でも入居者を募りやすくなります。

一棟アパートは100万~1,000万円単位、一棟マンションは少なくとも1,000万単位、都心に近い物件や大型物件だと販売価格が1億以上になっているものも。

このような一棟マンションを現金で購入できる人は限られるので、金融機関からの融資が一般的です。融資をどれだけ引き出せるかは、不動産投資コンサルの腕次第。うまく不動産投資コンサルを選べれば、億単位の融資を受けられます。

区分マンション

それぞれの部屋ごとにオーナーが異なる、ワンルームマンションに多い投資方法です。一棟マンションと比べて販売価格が低く、初心者に対しても敷居が不動産投資と言えます。好立地の物件が売りに出されることも多く、管理しやすい点もポイント。

一方で、金融機関の担保評価は低めなので、複数の物件を所有するのであれば、ある程度の自己資金が必要です。

また、リフォームも好きにできるというわけでは無く、スケルトンリフォームやリノベーションをする場合は、マンションの管理組合や両隣・上下階の住人に報告・説明が必要です。

戸建

「今はアパート暮らしだけれど、いつかは戸建に住みたい」という需要は根強いものがあります。ところが、戸建の賃貸物件はその絶対数が少ないため、投資先としての需要が一定数望めます。

多くの場合土地付きのため、区分マンションと比較して金融機関からの評価が高い点も魅力。ただ、外壁や屋根などの修繕はすべてオーナー負担となります。

子供が独立したあとの住宅を賃貸に出し、夫婦はマンション暮らしに切り替える、といったケースが多いようです。

駐車場

既にある程度の土地を持っている場合、最も手軽に始められるのが駐車場経営。極端な話、自宅の庭を貸し出す、という形でもできます。

しかし、駐車場経営にメリットがあるとは言い難いのが現実です。そもそも駐車場の需要がある地域でなければ、せっかく整備したところでいつまで経っても「空車あり」。たとえ借主が現れても、高額な賃料は設定できません。

かと言ってわざわざ好立地の高額な土地を購入して月極駐車場を経営しても、利回りは期待できない場合がほとんど。

持っている土地を遊ばせておくのがもったいない、という人だけが当てはまる投資方法です。

REIT

不動産投資信託の英訳、「Real Estate Investment Trust」の頭文字からできている言葉です。証券を介し投資会社が投資家から資金を集める方法で、投資金額が1口20~70万円と少額なのが特徴。

法人税がかからないという優遇措置もあり、利益の多くが投資家に還元されるというメリットがあります。

ただし、投資会社を上手に選ばないと、倒産の危険性もあります。手軽に気楽に投資を始めてみたいという人におすすめできます。

おすすめはリスクヘッジができる一棟マンション投資

投資家からの圧倒的な支持を得ている投資方法は一棟マンション、中でも中古物件が人気です。

鉄筋コンクリート造のマンションならば、法定耐用年数が47年と長く、ローンの返済年数も長く取りやすくなるというメリットがあります。

返済期間が長いということは、それだけ高額融資を受けられる可能性も高くなるということ。もちろんアパートなどと比較して修繕費用がかさむ、といったデメリットはありますが、そこは耐用年数の長さでカバーできます。

経年劣化しにくく価値が落ちにくい物件であることもおすすめできるポイントのひとつです。

 
ページの先頭へ